わらって いた ひび
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
ゆゆ式 (2) (まんがタイムKRコミックス) となりの怪物くん 3 (デザートコミックス) 青い花 1巻 (F×COMICS) 青年のための読書クラブ 1 (Flex Comix) GIRL FRIENDS 3 (アクションコミックス) あひるの空 Vol.20 (少年マガジンコミックス) プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER) ちはやふる 2 (2) (Be・Loveコミックス) マイガール 3 (BUNCH COMICS) そして僕らは家族になる (1) (まんがタイムKRコミックス) カブのイサキ 2 (アフタヌーンKC) 未満れんあい 2 (アクションコミックス) ガールフレンド 1 (ヤングジャンプコミックス) 空想科学X Lesson2 (電撃コミックス EX 108-2 THE NONSENSE OF WO) 天然あるみにゅーむ! (2) (まんがタイムKRコミックス) うさぎドロップ  (2) (Feelコミックス) はるみねーしょん (1) (まんがタイムKRコミックス) あまんちゅ!(2) (BLADE COMICS)
Mobile
qrcode
Sponsored Links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2011.07.04 Monday 
- -
ふらい とぅざ さん
100526_2029~010001.jpg
 
フェニックス・サンズ。

第四戦勝ちました!

●●○○???

アウェイ二戦落とした後、
しっかりホームで二戦取りました!

こ れ は お も し ろ い 。

今日の一戦はここまで活躍の無かった、
アウトサイドシューター、チャニング・フライが、
抜群のシーンで3Pを連発!

チームが活気づきました。

2Qだけで41点取る得点力なら、
ロサンゼルスを破ることも!?できる!?

フェニックスにとってはアウェイのほうが多いシリーズなので、
最低でも一戦はアウェイでロサンゼルスを破らないといけません。

きっとできるよ!



2010.05.26 Wednesday 20:45
Betelgeuse(-sports) comments(0)
雨に約束のキス
SH3803290001.jpg
 
土日。

ど疲れたので今朝は久しぶりに10時前まで寝てました。

休日でも8時台に目が覚める南条的には、
寝坊の部類に入ります。

そしてそのまま、NBAプレイオフ、
ウエスタンリーグチャンピオンシップの観戦に入ります。

ホームに戻ってきたフェニックス
ロサンゼルス相手に今日は生き生きとしていましたね。

安定してボールを運ぶガードのナッシュたん(←愛称やめろ

ここぞというところでいい仕事をする摩天楼ロペス

そして試合を通して暴れまくった無双スタウドマイヤー
一人で42点?らしいです。まじかよ。

序盤はロサンゼルスのコービーがスーパーな活躍をして、
このまま行かれるかと危ぶみましたが、
なんとか終盤までに立て直し粘りきりました。

ナイスゲーム。

正直、ロサンゼルスから4勝を挙げるのは至難だと思いますが、
次の第四戦のホームでも勝ちを拾えればあるいは、
横綱を寄り切る流れも見えてくるかもしれません。

自分的なイメージでは、
ロサンゼルスが盤石な横綱・白鵬。
フェニックスが芯の強い大関・日馬富士っていう感じです。

とりあえず、フェニックスが一勝できたことで、
ウエスタンが俄然盛り上がってまいりました。

すでに気のぬけたイースタンは、
あとはボストンがとどめを刺すだけで面白くないんですよね。


いまから午後の授業を一個出て、
それから池袋へ映画でも見に行こうと思います。

それはまた追い追い。


2010.05.24 Monday 12:52
Betelgeuse(-sports) comments(0)
NBAの季節
100513_0140~01.jpg
 
夜更かししてBSスポーツ観戦なんて、
久しぶりです!

NBAがボストン対クリーブランドのプレイオフで、
面白いんですのに。

レギュラーシーズンはあまり見られなかったんですが、
ボストンはリーグ4位通過で、
いきなり5位のマイアミ戦だったんですね。

初戦、ドウェイン・ウェイド。

第二戦、レブロン・ジェームス。(←いまここ

第三戦、ドワイト・ハワード。

ファイナル、コービー・ブライアント?スティーブ・ナッシュ?

NBAのスーパースターと呼ばれる英雄たちを、
ばっさばっさと薙ぎ倒していく道が見えますねえ……。

イースタンではボストンを応援していますが、
ウェスタンは今年はフェニックスですね。

レイカーズ1強時代に終止符を打てる唯一のチームです。
がんばれ。


2010.05.13 Thursday 01:56
Betelgeuse(-sports) comments(0)
格好悪くても勝ちたい
柔道の男子最重量クラス?かな?
で優勝した高橋選手

他の有力選手に比べて自信があるのがスタミナだけだ、
ということで、

ただ決まるあてのない技を出し続けて、
相手の動きを封じ込めて、

同点でも最後の判定では積極性とかが評価されるので、

そこまで持ち込んだら勝てる

そういう選手が優勝したそうです。

格好悪くても勝ちたいなんて、
言わないで欲しい。

柔道の世界では、

最後まで畳の上に立ち続けたひとが、
一番格好良いんだと、

みんなそう思っているよ。


久々に、スポーツ選手を格好良いと思いました。

塚田真希さんも同じく大好きで、
改めて柔道の重量級のカッコヨサのようなものを感じました。


2010.04.30 Friday 07:53
Betelgeuse(-sports) comments(0)
――誰がどんな演技をしようと関係ありません
100226_1347~010001.jpg
 
――これは私のオリンピックなんですから。


女子フィギュアスケートアメリカ代表 長洲未来


2010.02.26 Friday 13:49
Betelgeuse(-sports) comments(0)
あかい石 きいろい石

 
気づけばこれが800記事目です。
以前の記事を非公開に変更することがあるので、
いつまでもこれが800記事目かはわかりませんが、
更新段階ではそうです。

最近はもっぱら、
レポートとカーリング観戦に時間を取られています。

今日のお昼の試合、
日本vsイギリスは日本カーリング史に残る大試合だったかもしれませんね。

スコア的には常にリードした楽な運びだったんですが、


相手のスキップ。

弱冠19歳で代表のベテラン達を束ねる
MUIRHEADさんがただ者ではありませんでした。

終盤789エンドあたりの凄まじくドラマチックな展開は、
到底筆舌にも尽くしがたく、

7エンド、
イギリスの壮絶な猛追を一致団結のストーン運びで交わして、
スチールを奪います。

8エンドにはMUIRHEAD女史の奇跡のヒットアンド"ロング"ロールで、
さらなる決定的なスチールチャンスを棒に振られ、

もう何度も勝ってる試合をギリギリ土俵際に留まられ、

勝負の9エンド、
相変わらずギリギリを通してくるイギリスのナンバーワンドローショットの後の、

日本最終ショット。

ミスならまだ逆転される可能性が残る状況で、
目黒さんの放った石は抜群のコースをたどりダブルテイクアウト

なんとなんと 5点の大量得点を挙げて、
結果はスコアだけを見れば日本の大勝。

しかし、
そこに至るまで、

日本チームのたくさんのナイスショットと、

一歩でもにじり寄らんとするイギリスの、
不気味なまでのミラクルショットがありました。

いや。

いい試合でした。

今後も楽しみになる試合になりました。


2010.02.20 Saturday 17:19
Betelgeuse(-sports) comments(0)
ワイルドカードプレイオフ
相変わらずNFLファンを激怒させそうな企画、
ワイルドカードプレイオフのスコア予想。

勝敗は一応ガチで予想してみましたが、
その上でのスコア予想は希望的観測とか趣味の域を出ていません。

が、これをやるとやらないとでは楽しめ方が全然違うので今年もやります。



BAL@NE



BAL/ 0:14: 7: 0/21
NE  / 7: 3: 3:10/23

エースWRの離脱に奮起して、序盤、控えWRへの短いパスを重ねてTDを奪うも、
そのパスシステムが読まれ始めると、攻めてもレッドゾーンで止められるNEのOF陣。
一方、安定したランに効果的にパスを織り交ぜ、中盤、点を重ねるBAL。
勝負を分けるのはTO。
終盤、勝利を決めるウイニングドライブのハズがまさかのTOで攻撃権を失うと、
そこからはNEの時間。
サイドラインと相手の反則をうまく利用した効率的なゲインを重ね、
残りゼロ分台で逆転のTD。
NEが辛くも勝利を掴むでしょう。



のこり3試合分の予想もありますよ。


read more...
2010.01.09 Saturday 14:04
Betelgeuse(-sports) comments(0)
NFLプレイオフピクチャー
今年のNFLもレギュラーシーズンはあと1週を残すのみとなりまして。

プレイオフの動向が気になりますね。

NFCとAFCともに今週第16週には下位チームが上位チームを下剋上する試合が多くて、
プレイオフピクチャーは混迷を極めております。

まずNFCですが、

東:PHI,DAL
北:MIN,GB
南:NO(1)
西:ARZ

とプレイオフ出場6チームは決定していますが、
そのシード順はもう訳がわからなくなっています。
シード1位がようやくNOに決まったとはいえ、
最終週のPHI@DALの地区優勝決定戦と他のチームの勝敗いかんで、
PHIは2位シードにも6位シードにもなりうるというヒドい状況です。

一方AFCは、

東:NE
北:CIN
南:IND(1)
西:SD(2)

と地区優勝は確定していますが、
ワイルドカード2枠に対して、

・NYJ(8-7)
・BAL(8-7)
・DEN(8-7)
・PIT(8-7)
・HOU(8-7)
・MIA(7-8)
・JAX(7-8)

とまだ7チームに可能性が残っています。

おもしろいですね。(←棒読み

きもっ。きもいわお前ら。(←本音

BALとNYJは最終週に勝てばプレイオフ確定です。
なんて解りやすい。

他は例え勝ってもより上位の沈没が不可欠なのですが、

DENなんかは沈没するチームのパターンが7通りだか8通りだかあって、
つまり非常に微妙ということです。

頭で考えてもまったくわかりません。

ごめんなさいおかあさんごめんなさい。(←

NEファンとしてはDENとの師弟対決リベンジを望むところですが、
そのために最終週勝って3位シードを決めたらいいのか、
負けてCINに譲ればいいのかもわかりません。

あーきもいきもい。

新幹線が暇なのでこんなことになりました。
まぁとにかく4日を楽しみに待ちます。


2009.12.30 Wednesday 10:09
Betelgeuse(-sports) comments(0)
クリーブランドの悪魔
Image0831.jpg
 
NBA東部地区優勝決定戦の第2戦。

大差の初戦をまさかのサヨナラ3Pでひっくり返された王者、クリーブランド・キャバリアーズは、
再びホームに対戦相手のオーランド・マジックを迎えての第2戦。

まるでオーランドの術中に嵌まったかのように、
最大23点あった点差を最終クオーターまでにじわりじわりと詰められ、
残り15秒で同点、マジックのスローインから試合は動きます。

時計で計ったように時間を消費するパス回しの後、
司令塔のターコルーがミドルからふわりと浮かせたシュートが……


ゴールネットに沈みます………!

だれもの脳裏に初戦の悪夢がよぎったことでしょう。

残り1秒、2点差、マジックがリード。
王者クリーブランド、これで完全に追い込まれました


そもそも実力差は圧倒的と目されていたキャバリアーズは、
レギュラーシーズンのホームでの成績は 39勝2敗
ここまでくると2敗という数字は洒落の範疇です。

41試合で2回しか負けなかったチームが2試合で2回負ける確率なら、
計算するまでもなく『ありえない』という言葉の範疇でしょう。

そんな『ありえない』ことをやってのけたマジックに敬意をこめて見守る最後の1秒は――――……、




逆にクリーブランドが歓喜の叫びに揺れた1秒でした。




まさかのブザービーター、逆転の3Pを放ったのは、
今年のシーズンMVP、マイケル・ジョーダンの再来、悪魔に魅入られた男


レブロン・ジェームズでした…!!


マジックのディフェンスを中に押し込み、
返す刃で自分は3Pラインの外側へ、
同時に味方からのスローインを受け取り、
1歩地面に足を着き(確か着いたハズです)くるりと反転。

ひらりと宙に舞う巨体は、十分に対応できないディフェンスの上から鮮やかなループを放ち、

試合終了のブザーを聞きながら、ボールはリングをすりぬけました。



勝利の女神に魅入られたようなマジックのシナリオが、
悪魔に魅入られた男レブロンによって打ち砕かれた瞬間です。

間違いなく後世に語り継がれるであろう "THE SHOT"(アメリカのスポーツ業界は偉大なプレーをこのように"THE ○○"と呼んで語り継ぎます)

なんとドラマチック。
なんという戦慄。

これだからバスケは面白い。


でも、こんなシュートは生涯に一度で十分です。
シュートもさることながらシチュエーションからして……もうね。
二度も三度も見るもんじゃありません。




2009.05.23 Saturday 13:25
Betelgeuse(-sports) comments(0)
こんな試合
Image0021.jpg
 
7回に6点差まで広げられて、まぁ今年の阪神はこれくらいだろ。。と思っていたんですが、

9回ウラ2アウト1、2塁で1点差まで追い上げ、バッター金本、フルカウント。
一打同点、長打でサヨナラ。

これは無いわ。
どうせ負けるんだろ、期待させんなや。

とか思っていたら……金本の持ち味である一塁線への鋭い当たりが……フェアゾーンに跳ねた!!


見事な逆転サヨナラ。
シーズン通して3度はないだろうという試合でした。

広|000 120 700|10
神|102 001 12|11

猛打賞が赤星、鳥谷、金本、メンチ、橋本。
新井と中継ぎ以降はまだまだがんばらな。

どうでもいいことですが、阪神を一字で略したら「神」なんですよね。



(え、オチは??


2009.04.07 Tuesday 21:54
Betelgeuse(-sports) comments(0)
1/4PAGES >>